インプラント・口腔外科

3bukouzou.jpg
 失われた歯の部位に、チタン製の根を埋め込み、その上に被せ物を装着する治療法です。

 

 

従来の治療法との比較

 例えば、奥歯が1本ない場合、両隣の歯を削りブリッジという橋渡しの補綴物を入れたり、両隣の歯にクラスプといわれるバネをかける部分入れ歯などで治療されていました。
 しかし、ブリッジや入れ歯は隣の歯を削ったり、バネのかかる歯に負担がかかったり、虫歯になってしまうリスクを伴います。結果として、悪くなかった歯の寿命を短くしてしまいます。
 インプラントにより他の歯に負担をかけること無く、噛む機能を回復する事が出来ます。

ブリッジ・入れ歯との比較

hikaku1.jpg
インプラント
  • 他の歯に負担をかけること無く、噛む機能を回復する事が出来ます。
  • 天然の歯と同様の力で噛むことが出来るようになります。

 

hikaku2.jpg
ブリッジ
  • 健康でムシ歯のない状態でも両隣の歯を削る必要があります。
  • 両隣の歯に力がかかるため、早期に歯を失うリスクを伴います。

 

hikaku3.jpg
入れ歯
  • 取り外して手入れする必要があります。
  • バネのかかる両隣の歯に負担がかかったり、虫歯になりやすくなります。
  • 噛む力は天然の歯と比べて20~30%になります。

 

基本的な治療の流れ

1.診査・診断

CT1.jpg
inprant1.png
  • インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を診査するため、お口の中の型を取ります。
  • 安全にインプラントを行うために、CT撮影を行います。

 

2.一次手術
OPE1.jpg

  • 麻酔をしてから骨を削り、インプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。
  • 1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了し、二次手術は行いません。

 

 

3.二次手術
OPE2.jpg

  • 2回法を選択した場合には、治療期間終了後粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える二次手術を行います。1回法の場合は不要です。

 

 

4.仮歯の仮着
OPE3.jpg

  • 仮歯をつけて数日~数週間過ごして頂き、形態や装着感などを確認します。
  • かみ合わせや強度に違和感があれば、主治医と相談し、最終補綴物の作成に向けて微調整していきます。

 

 

5.最終補綴物の装着
joubu_kouzoubutu.jpg

  • 最終補綴物の型をとり、歯並びや色を決めて作成します。
  • 作成した最終補綴物を装着し、治療が完了します。

 

 

6.メンテナンス
brush2.jpg

  • 治療が終わった後も、定期検査を受けきちんと管理していきましょう。

 

 

症例紹介

症例1
shourei1.jpg

 

症例2
shourei2.jpg